この記事は約 6 分で読めます。

高額だけど、やって良かったインプラント!

インプラント

入れ歯かインプラントか

インプラントとは、自分のなくなった歯の代わりに人口歯根を埋め込むことです。高額だし何よりも怖いしずっと避けてとおっていたインプラント。歯医者さんいわく、虫歯ができやすい唾液の体質とのことで虫歯だらけだった私。インプラントの前は前後の歯で固定するタイプのブリッジでした。けれど前後の歯も虫歯になり抜かなくてはいけなくなり、どんどん歯がなくなってしまいました。そして、ついにインプラントか入れ歯の選択肢しか残らなくなりました。

インプラントにしようと思った理由 

インプラントインプラントにしようと思ったのは、入れ歯は絶対に嫌だったから。当時、私は30代でまわりに入れ歯の友だちなんてもちろんいないし抵抗がありまくり。私は「リンゴが好きだし、他の食べ物だってしっかり自分の歯で嚙みたい」って思っていました。
そこでインターネットで徹底的に調べたのは、外科的治療のインプラント。インプラントは手術です。何の手術でもそうだけど失敗ってあるじゃない。医者の腕だったり患者の体質だったり、思いもよらない防ぎようのないアクシデントとか考えられるでしょ。そこで失敗の確率を下げ、成功の確率を上げるには大切なのは病院選びです。

歯医者探しのポイント

平成24年から一定の条件を満たすことでインプラント治療が保険適用されるようになったみたいですが、私がインプラントの手術をしたときは全額実費のみでした。
インプラントだって、できることなら「安いほうがいい」に決まっています。けれど、歯は一生ものだし失敗があっては大変。もちろん、「安かろう、悪かろう」だけではない良心的な歯医者も多いだろうし、何といっても歯科医は国家試験です。ただ、不器用な外科医なら困ります。経験の浅い歯科医なら危なそうな気が…。
なぜなら外科的手術のインプラントは、ドリルを使用しますが、間違って違う方向に穴を開けてしまったりすると手術時に血管や神経を損傷することがあるらしいし大量出血もあるらしい。インプラントが入らなかったり抜けたりするのも避けたい。手術だし細菌感染も絶対に嫌。
話は長くなりましたが、そこで病院選びのポイントとして、(出典元・参考情報:参考情報 荻原歯科医院

①CTを撮影してくれる歯科
②感染対策がしっかりしている歯科

を選ぶことに決めました。
CT撮影によってあごの厚みなどをしっかり測って確実な診断をしてもらわないと、何か手術時のトラブルがあったときに対応してもらえません。当時は、手術室が完備されていない歯科医もあったようで、感染対策が不十分なための失敗もあったと別の歯科医に聞いたことがありました。
一般治療もしている評判の良い歯科で、インプラントの専門で外科の得意な経験豊富な歯医師が要ること、通える距離にあることも、もちろん選ぶポイントでした。

カウンセリング

はじめに電話で問い合わせをすると、受付の若い声の女性はインプラントの対応にも慣れていて感じがいいので予約を取って行ってみました。
ビルの中にある歯医者さんです。白を基調として清潔感と置物など高級感に溢れたつくりとなっていて、予約制なのに混んでいます。
受付には若い女性が二人、電話の予約や会計をしていて、歯科の診察台は、ずらりと何台も並んでいて、たくさんの歯科医と歯科衛生士がいました。
インフォームドコンセントを重視した歯科医で、治療方針や手術、処置行為を納得して同意を得るために別室でていねいに説明をしてくれました。インプラントの費用や治療期間など8本のインプラントの予定だったので、どのように治療をしていくかなどを私の意見も聞きながらメモを取りながら行いました。

病院決定

歯医者治療費は、1本手術時に約50万円近いとのこと。「たかー」ってこころの中で叫んだ。検査代や手術費用や新しい歯の料金を全部入れて計算された金額だけど噂どおり高かったです。
インプラントをごり押しせず、治療費が高いから入れ歯の説明などもしてもらえて、保険が効くものと効かない治療などもきちんと用紙をみせてくれました。私専用の治療予定表をいただき、セカンドオピニオンに行くときのアドバイスなどもていねいでした。「よーしここに決めた」と思いながらとりあえず自宅でもう一度考えてみることに。最新設備など自分の条件にマッチしていた歯科。何よりもインプラントの専門歯科医の経験豊富さに安心して決定しました。
歯科では、レントゲンをとったりCT検査であごの厚みもしっかり測ったりしました。「あごの厚みが足りなかったら骨を増やすから」とパウダーを見せてもらいましたが、骨の厚みや高さは問題がないとのことでほっとしました。骨を増やすとさらに時間がかかり治療費もかかります。なんとか、これ以上お金がかからずに済むみたいで一安心。
だけど手術は怖いし、パニック症候群をわずらった過去を話して吸入麻酔などについて説明してもらいました。不安だし怖すぎるので意識のない状態で手術が受けたかった。しかし、やっぱり高額。家族で温泉に行ったりブランド物も買える金額であきらめて通常の手術。手術の日が決まり前日はほとんど眠れず。手術当日は、歯科医でいただいた抗生物質を飲んで覚悟を決めました。

手術

手術室は寒かったです。機械の問題であまり暖かく出来ないそう。生体モニターがあったりいかにも手術室のつくりでドキドキ。血圧や体温なども測られ、手術の専門歯科医や衛生士は手術用の格好をしていて私は青い滅菌シートをかけられ手術。
表面に塗るタイプの麻酔をし、次に手術用の麻酔を行い手術がスタート見えないのでわかりませんが、切開している雰囲気。怖かったのはその後のドリル。穴を開けているみたいですが、頭にメチャクチャ響き渡ります。「ガガガガガー」まるで工事をしているみたい。「歯の場所によってドリルの響き方が違う」って事前に言われて「今日の手術は少し響くよ」と聞かされていたけれど…響きまくりで怖かったーっ。あまりの恐怖で途中で何が何だかわからなくなってきた。まな板の鯉の気分。声がけをしたりしてくれたので安心はできました。
終わったらしくインプラント用の穴にフタをしている感じで手術は無事に終了とのこと。2時間以上はかかりました。ヨロヨロになって受付で抗生物質や炎症止め、痛み止めをいただき帰宅。

期間

大好きなお酒も飲むわけには行かず、疲れたし歯ぐきが痛くなると嫌だったので早めに寝ました。翌日は、歯医者さんでチェックでした。手術のドクターがとくに「問題なし」とのことで一安心。一週間ほど抜糸もしました。
インプラントは骨がくっつくのを3ヶ月ほど待つため、仮歯で過ごすことになりました。その後にインプラントを入れて1本終了。8本ほどあったので2年近くかかりインプラント手術は全部終わりました。

成功

きれいな歯あれから8年ほど経ちますが、インプラントは何の問題もありません。普通の歯のように違和感もなく痛みもなく何でも嚙めます。取れてもいません。大成功です。やはり病院選びは大切。たまに、ニュースでインプラントの手術トラブルを見るのであらためて思います。歯は大切です。お金は掛かりましたが大満足です。

料金

合計金額は400万円くらいで高かったです。

インプラントをして良かったこと

違和感がなく何でも嚙めるのは嬉しいです。ブリッジは取れることが多かったのですが、インプラントは自然に食事ができ取れません。入れ歯よりもインプラントは絶対おすすめです。

体験談関連キーワードから探す

スポンサードSearch

高額だけど、やって良かったインプラント!へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。

他の口コミ・評判

吉祥寺セントラルクリニックへのくちコミ・評判 (masterさん)

70歳になった父が突然インプラントにしたいと言い出したので、私なりにいろいろ調べて、こちらでインプラントをお願いしました。オペも何の支障もなく終わったようで、手術から半年たった今では普段はインプラントをしていることを忘れているようです。古希のお祝いもかねて子供たちで費用を出し合ったので、いいプレゼントになりました。

吉祥寺セントラルクリニックへのくちコミ・評判 (masterさん)

長かった矯正治療がやっと終わりました。最初は私自身そんなに歯並びを気にしてなく、母に連れられて嫌々やっている状況でしたが、今治療が終わって、前の歯並びと比べてみるとびっくりするくらい違うし、歯並びだけでこれだけ印象が変わるんですね!!今は、連れてきてくれた母に大感謝です

吉祥寺セントラルクリニックへのくちコミ・評判 (masterさん)

息子がインターネットでこちらの医院さんを見つけてくれ、こちらでインプラントをお願いしました。先生が懇切丁寧に治療の説明をしてくださったので、安心してオペを受けることができました。最初は近所の医院さんでお願いしようと思っていましたが、あとからいろいろ調べてみて、こちらの医院さんにお願いして本当に良かったと思っています。息子にも感謝です。

すみたけ歯科へのくちコミ・評判 (masterさん)

とってもキレイです。

全国の歯医者さんの情報と情報の比較、口コミができるサイト